痛~い!複数の魚の目

魚の目って、ホントに痛いんですよ。

芯の大きさやその深さで、痛みの度合いが違ってくるんですけど、ちょうど体重のかかるところに堅いのがゴロッとできるので、歩く度に痛いんです。

その痛みは、例えて言うなら、とがっている小石を踏んだ時の痛みですかね。:;(∩´﹏`∩);:

私は、画びょうもガラスも素足で踏んだことがありますが(>_<)、これもかなりの激痛ですが、これとはちょっと違う痛みなのです。

魚の目はケガではないので痛~い魚の目ができた人ではないと、気持ちの共有はちとむずかしいかも、です。

ちなみに、私は10代の学生の頃に、ものすごく痛~い魚の目が出来て、地面に足がつけない毎日でした。

とは言っても、当時は今みたいに情報もなく、魚の目自体まだ知られていないので、誰に言っても相手にされず、1人苦痛に耐えていました。

まだ学生でしたので、痛い足を我慢して歩いて学校に通い(片道40分)、体育の時間跳んだり走ったり (>_<)…痛いです。とっても。

その上テニス部でしたので岡ひろみ(エースをねらえの主人公)のように右へ左へコートを走らされて…。ウゥゥ😢

目指していたのは、みんなの憧れ『お蝶婦人』でしたが。。。(._.)  そんな華やかな感じとはまったく無縁でしたね。

足が痛くて泣きそうなのだけど、やらなければいけない状況。

こんなもののために、こんなめにあうのかと、腹立たしくもありました。

薬をつけてもいっこうに良くならないので、もう気が狂いそう。

結局、このままでは痛くてたまらないので、「もう血が噴き出してもどうなってもいいから!」 と思い切って手でむしり取りました。😓

 

話を元に戻しますが、ということで、魚の目の痛みで苦しんでいる人のお気持ちはよ~くわかります。

さて、本題。

今回のお客様は、複数の魚の目があるお客様です。

1つだけでも痛いのに、こんなにいっぱい。

しかも芯が超カ・タ・イ‼

まずは表面を覆っている堅い皮膚を丁寧に取ります。

IMG_2641

すると魚の目の芯が埋まっているのがはっきりわかりますね。

IMG_2642

この魚の目の芯が超カ・タ・イので、堅い芯用の最強のアタッチメントを使い、芯のみをくり抜いていきます。

ちなみにこの芯には、血管も神経もありませんので、芯だけをくり抜けばまったく痛くありません。

芯は、柔らかい皮膚と接しているため、慎重に施術していきます。

ここがプロの技術のいるところです。

そして、芯だけを上手にくり抜くと、この様になります。

IMG_2643

穴  あいちゃいました。

でも痛くないんですよ。出血もしていません。

奥深くまで入り込んだ魚の目の芯のみを、全部きれいに取ることに成功しました。

この後はこのままで普通に靴を履いてお帰りいただきます。

もう靴を履いても痛くありませんので、晴れやかな顔で😄お帰りいただけます。

『早く来ればよかったぁ』

皆さん そうおっしゃいます。(^◇^)

痛い魚の目は、ぜひ当店にお任せください。

 

タコ&魚の目ケア 6480円

このホームページからご予約できます。

当日ご希望の方はお電話ください。

011-700-0075

ドクターネイル札幌麻生店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

松田 由美子

オーナードクターネイル爪革命札幌麻生店
「施術中も施術後も痛くないフットケアでお客様の生活の質の向上」を理念に、お客様の足と足爪の悩みを解決すべく、日々勉強しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top