タコを取ったらその中に…パート2

以前「タコを削ったらその中に…」という記事を書きましたが、とっても良くなりましたので、その後の経過をご報告させていただきます。

開店当初からお越しいただいているお客様です。

タコの下に三日月形の魚の目の芯が入っていて、痛くて我慢できない状態でした。

当店でわずか2回のタコ・魚の目ケアをしただけで、あの硬くて痛い魚の目の芯がすっかり消えて無くなりました!!

わかりやすく時系列でご紹介します。

≪初回 : 11月27日≫ (施術前)                         (タコ施術後)                                                      (魚の目施術後)                                                                                          

IMG_1650IMG_1657IMG_1660                                                                                                 

まだ奥深くに芯が残っていて押すと痛い。周辺のタコは痛い箇所を保護するためにわざと厚めに残しています。

 

≪2回目: 2月12日≫  (施術前)                        (タコ施術後)                                                       (魚の目施術後)

IMG_2098IMG_2101IMG_2102

前回の施術から時間が経っており、厚いタコが再度付いています。タコ施術後の状態は、写真の通り、もう硬い三日月の芯は出来ていませんが、前回の施術で取り切れなかった魚の目の芯が皮膚表面に押し出されてきており(透明な三日月の部分)、再度魚の目ケアし、強い痛みを発していた芯をきれいに取ることに成功しました。痛みはかなり改善されてます。もうほとんど痛くないです

 

≪3回目: 4月14日 ≫  (施術前)                        (タコ施術後)

IMG_2606IMG_2612

タコが付いていますが、11月の写真と比べると小さいですね。厚くて硬かったタコが、みるみるうちに改善されています。そしてタコ施術後の写真をご覧ください。もう魚の目の芯が出来ていません!ですからどこを押してももう痛くない!!とのことで、今回はタコの施術だけで終了です。指でつまめるくらい、やわらかくなりました。

 

以上のようにすばらしい改善がみられました。

よくお客様からのご質問で『どのくらい通わないとダメなんですか?』とか『結局治りきらないんですよね』などと半ばあきらめに近い感じのご質問をいただきます。

確かにタコ・魚の目は靴のせいで出来たり、歩き方で出来やすかったりするので、2度と出来ないわけではありませんが、痛いものは痛みがなくなり、硬くて感覚がわからなかったものが柔らかくなり感覚を取り戻すことが出来れば、とても快適な生活をおくることが出来ます。

一度しっかりケアしておけば、あとは気になってきたときで大丈夫!そうすれば、もう2度と悩まなくて済みますよ。

施術中も痛くありませんので、タコ・魚の目でお困りの方はぜひ施術にいらしてください。

私と一緒にタコ・魚の目を改善していきましょうね!

 

根本から解決するのが基本です。

ドクターネイル爪革命札幌麻生店

011-700-0075

 

 

The following two tabs change content below.

松田 由美子

オーナードクターネイル爪革命札幌麻生店
「施術中も施術後も痛くないフットケアでお客様の生活の質の向上」を理念に、お客様の足と足爪の悩みを解決すべく、日々勉強しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top