魚の目(うおのめ)とは?

ここでは魚の目(うおのめ)について詳しくご紹介します。

 

 

魚の目とは?

魚の目とは名前の通りに魚の眼球に似ていて、足の裏や指にできるのが特徴です。皮膚の角質の一部が厚くなり、皮膚の深いところにまで進入して、硬い芯を作ります。圧迫や歩行時に激しい痛みを伴います。

uonome1

 

なぜ魚の目は痛いの?

uonome2魚の目は放置すると角質が芯のように硬くなり、真皮(皮膚の内側)に向かってくさび状に食い込んで神経を圧迫していきます。魚の目の根元が神経に障るようになって痛みを感じます。

 

 

なぜ「うおのめ」と呼ばれるの?

uonome3芯が魚の眼球のように見えるので俗にウオノメと呼ばれています。魚の目の正式名称は「鶏眼(けいがん)」と言います。ちなみに英語ではコーン[corn]と呼びます。

 

 

 

魚の目とタコの違いは?

「角質が皮膚の表面(外側)に増殖」して肥厚していくのがタコであるのに対し、「角質が皮膚の深層(内側)へくさび形に増殖」して神経を圧迫し、痛みを伴うものを魚の目といいます。

 

魚の目の原因は?どんな人に出来やすいの?

魚の目もタコと同様、靴との摩擦や外部刺激が原因です。老若男女問わず出来ますが、足に合わない靴を履くと出来やすかったり、その人の歩き方なども原因のことがあります。

ハイヒールやサンダル等で足の一部分に負荷がかかるものや、サイズの合わない靴、または長靴や安全靴で足が靴の中で滑るものを常用している人は出来やすいでしょう。

また、扁平足や開張足といった足裏のアーチがくずれている人も出来やすいです。

 

魚の目の施術法は?

ドクターネイル爪革命 札幌麻生店では、痛みの原因となっている芯を、ドクターネイルマシンで丁寧に除去します。

施術の様子をご覧下さい。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top