両サイドからしっかり矯正かけてます

❝足の痛み❞と聞くと皆さんはどのような痛みを思いますか?

この巻き爪の痛みというのもつらい痛みのひとつです。

人間の身体の末端というのは、神経が張り巡らされていて

少しのケガでもとても痛く感じるようになっています。

ですから ほんのちょっと爪が内側に巻き込むだけで、 歩くと堅い爪が指にくいこんできて

靴にあたって痛いです。

ひどくなると爪の角で皮膚が傷つき、出血したり化膿したり・・・(/o\)

 

IMG_1624今日のお客様は爪のカーブがきつく、

両サイド巻き込んでいます。

しかも隣の人差し指が親指の上に乗っています  。

だからどうしても巻き爪になっちゃうんですよね。

痛いのでしっかり大地を蹴って歩けません。

すると足首やひざ、股関節・腰などに思わぬ負担がかかってきて体があちこち痛くなり

ますます歩くのが困難になってしまいます 😥 

 

理想的な爪の形は上から見たらまっすぐ横一文字なのです。

これは早めに矯正しておかないと・・・。あとでひどくなってからでは大変です。

 

「爪の形に合わせてワイヤーを形成し、巻き込んでいるところを上に引き上げて矯正かけますね  (^u^)

「今すぐ痛みを取ってください  (>_<) 」

「両側痛いので両側お願いします。」

IMG_1635

ワイヤーの先端を爪の厚みや爪のカーブに合わせて形成し、

巻いている部分の根元から引っ張って爪に固定しています。

爪の上の白いものはプラスチックです。接着剤でワイヤーを固定しています。

この時大事なのは少し上に引っ張っている感じがあるかどうか。

痛いのはもちろんダメなのですが、つけている感じがないのもダメなのです。

ちょっと引っ張っている感じ。これが大事です。

ですから必ずお客様に装着感をお伺いしています。

「痛くないですか?少し引っ張っている感じはありますか?嫌な感じはしませんか?」など。

このまま固定したままで約1か月~2か月位着けて矯正していくため、少しでも嫌な感じがするとストレスになってダメなのです。

だからここの確認はとっても重要なのです。

「大丈夫そうですか?気になるところがあれば遠慮なく言ってくださいね。」

何度も確認。

「大丈夫だと思います。」とお客様。

いちばんはっきりわかるのは、お帰りになる時。靴を履いた時です。

「あぁ 痛くない!! !(^^)! 

すぐに巻き爪の痛みから解放されるのがワイヤーの良いところ!

 「ところで・・・、うちに帰ってからお風呂とか入っても良いんですか?」

「はい。普段通りで良いですからね。お風呂入ったり運動をしても大丈夫ですよ」

「ワイヤーが刺さったりすることはないので安心してこのままでいつも通りの生活をなさってください」

「大丈夫だとは思いますが、もし1週間以内にワイヤーがはずれることがありましたら無料で付け替えますのでその時はご連絡ください。」

安心したご様子で笑顔で帰って行かれました。定期的に交換するため次回お会いするのは約1か月後くらいですね。

次回お会いしたときにどこまで改善されているか楽しみです。

❣❣ 今日も    😊  いただきました❣❣

 

ドクターネイル爪革命札幌麻生店

011-700-0075

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

松田 由美子

オーナードクターネイル爪革命札幌麻生店
「施術中も施術後も痛くないフットケアでお客様の生活の質の向上」を理念に、お客様の足と足爪の悩みを解決すべく、日々勉強しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top