ダブル水素ボトルがNHKのEテレで放送されます

皆さんこんにちは。

当店で使用させていただいております『ダブル水素ボトル』がNHKのEテレ(教育テレビ)に取り上げられることになりました。

すでに当店にて、『ダブル水素ボトル』の素晴らしいご体験をされた方もいらっしゃいますが、その効果の速さに皆さん、ちょっと驚きましたよね。

自称健康オタクで、いろんな機械を体験してきた私も、その抜群な効果に惚れ込んでおります。

以前もお話いたしましたが、「水素ガス吸入」は「水素水」と違い、素晴らしい健康効果があると、すでに認められています。

で、今回のEテレの放送では、5年前に脳内出血で右半身不随になりながらも、この『ダブル水素ボトル』を愛用して、たくましく活動されている片腕ギタリストの方のご紹介です。

NHK Eテレ

放送日時:平成29年7月3日(月)  20:00~20:30

再放送 :平成29年7月10日(月)  13:05~13:34 

〈放送内容はこちら〉今回放送されるのは、左手だけでギターを演奏するギタリストの湯上輝彦さん(41)です。病気の後遺症で右半身を自由に動かせませんが、弦をはじくのではなく、指でたたくように弾く独特の奏法で、観客を魅了しています。

【できないからあきらめるのではなく、別の方法を探す】。日常生活でも、料理や洗濯、爪切りまで、様々なアイデアを駆使して自分一人でこなします。

元々プロのギタリストとして活躍していた湯上さんは5年前、全国ツアーを回ろうとしていた矢先に脳出血で倒れ入院。命は取り留めましたが、右半身マヒが残りました。

「再びギターを弾くのは難しい」という医師や周りの人の言葉に絶望し、一時はあきらめます。しかし、ある人の言葉が、再びギターと向き合うきっかけになりました。

【自分で自分をあきらめない】という湯上さんのブレイクスルーに迫ります。

 

自分一人で身の回りのことをするのも大変なのに…。

素晴らしい方ですね。

あきらめるな!あきらめたらその時点で先はないぞ!とわかっていても、その気持ちを持続するのって一筋縄ではいかない事ですよね。

きっとご覧になった方は、素晴らしいメッセージをいただけるのではないでしょうか。

生きていく勇気をもらいたい方、希望を見つけたい方、自分を信じたい方。

いろいろ感じることがあると思います。

よろしければご覧ください。

 

The following two tabs change content below.

松田 由美子

オーナードクターネイル爪革命札幌麻生店
「施術中も施術後も痛くないフットケアでお客様の生活の質の向上」を理念に、お客様の足と足爪の悩みを解決すべく、日々勉強しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top